西暦2000年

南極に大質量隕石が落下。かくして有史以来、未曾有のカタストロフィー「セカンド・インパクト」は起こった。

水位の上昇、天変地異、経済の崩壊、民族紛争、内戦…世界人口は半分に激変。

それから15年、ようやく復興の兆しが見え始めた頃、人類に新たなる危機が訪れた。

使徒」である。

次々に襲来する正体不明の巨大戦闘兵器群。

はたして彼らは、その冠する名のごとき「神々の使い」なのか…。

予測されていた「使徒」の襲来に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。2015年にはすでに3体を実用化していた。そして「エヴァ」のパイロットには、「3人の少年と少女」が選ばれた。大人たちは彼らに未来への希望を委ねざるをえなかったのである。

その肩に、人類の存亡という大きすぎる運命を担った少年たちの戦いが今、始まる…

(コミック1巻 『使徒、襲来』より)

貞本版オリジナル度:30/100|TVアニメ版での対応話:第壱話「使徒、襲来」約35%/第弐話「見知らぬ天井」約65%

Volume1 目次
STAGE.1 使徒、襲来
STAGE.2 再会
STAGE.3 初号機、出撃
STAGE.4 沈黙
STAGE.5 光の淵に見たもの
STAGE.6 ボクハナク

僕には将来なりたいものなんて何もない

夢とか希望のことも考えたことがない

14歳の今までなるようになってきたしこれからもそうだろう

だから何かの事故やなんかで死んでしまっても別にかまわないと思ってた

…てなことを作文に書いたら案の定「まじめにやれ」と先生に怒られた

碇シンジ

西暦2015年、ある少年が第3新東京市に呼ばれます。名前は…碇シンジ。アニメ版・新劇場版とはまた別の神話の主人公として、彼は一体、どんな運命を辿っていくのでしょうか。

“使徒”と呼ばれる謎の巨大生物。そして…もう一体の“謎の巨人”

葛城ミサトとの待ち合わせの際、シンジは謎の巨人と戦略自衛隊の戦闘に出くわすことに。その謎の巨人は、使徒と呼ばれていました。そして、ミサイル攻撃にもびくともしないその使徒がシンジとミサトの頭上に…!絶対絶命と思われたその時、もう一体の謎の巨人が2人を助けます。

ここらあたりの展開はTVアニメ版および新劇場版と内容が少し違っていて、シンジとミサトを助けてくれた謎の巨人は綾波レイがパイロットを務めるエヴァンゲリオン初号機です。

NERVへ呼ばれたシンジは、自分が3番目の適格者(サード・チルドレン)であることを知ります。そしてシンジが目にしたもの…それは、さっき使徒から助けてくれた巨人、“人造人間エヴァンゲリオン”でした。

エヴァを目にし驚いているシンジの前へ父・ゲンドウが現れ、いきなりそれに乗って使徒と戦うよう命令をします。久しぶりの再開にもかかわらず、思ってもみなかった命令をされたシンジはそれを拒否するも、ある少女の痛々しい姿を見せつけられ、エヴァへ乗ることを決意します。

『逃げちゃ駄目だ…』が、ない

貞本エヴァで特徴的なのがシンジの性格です。なんと、アニメ版でおなじみの「逃げちゃ駄目だ…逃げちゃ駄目だ…」というセリフがありません。この時のシンジは、妙に落ち着いた雰囲気でエヴァに乗ることを決意します。

シンジのエヴァ初号機での初出撃は、一方的に第3の使徒にやられてしまうTVアニメ版とほぼ同じ内容です。ただし、使徒に頭部を光の槍に貫かれてしまった後の真相を後半まで分からないようにしていた第弐話「見知らぬ、天井」とは違って、貞本エヴァではシンジの回想などを挟まずに一気に殲滅まで描かれています。

この流れは、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序にも引き継がれています。

第三新東京市の町並みを眺めることのできる場所へシンジを連れて行ったミサト。シンジは、「これがあなたの守った町。あなたはよくやったわ」というミサトの言葉に泣き出してしまいます。その言葉は、本当は父・ゲンドウに言ってほしかったのでした。

1人きりのシンジを放っておけなくなったミサトは一緒に暮らすことに決めます。

貞本版オリジナル度:25/100|TVアニメ版での対応話:第弐話「見知らぬ、天井」約10%/第参話「鳴らない、電話」約35%/第四話「雨、逃げ出した後」約55%

Volume2 目次
STAGE.7 閉じゆく心
STAGE.8 シンジご機嫌ななめ
STAGE.9 マニアの受難
STAGE.10 ナイフと少年
STAGE.11 さまよえるサード・チルドレン
STAGE.12 やさしさの輪郭(かたち)

強気のシンジ

シンジがEVAのパイロットであるということがわかりクラス中が騒ぎになる中、鈴原トウジはその状況をよく思っていませんでした。彼の妹は、初号機と第3使徒の戦闘に巻き込まれ怪我をし、入院していたのでした。TVアニメ版ではトウジに殴られた際、「乗りたくて乗ってるわけじゃないのに…」とボソッとつぶやくに留まっていたのに対し、貞本エヴァでのシンジは「じゃあどうしてほしいの?土下座しろってのならするけど」「いちいちカッカしてて疲れない?」などと、だいぶ強気発言をします。

ちなみにTVアニメ版では、この現場にきた綾波レイによりNERVから非常召集が出ていることを伝えられますが、貞本エヴァではこの後、初号機の使徒とのシミュレーション訓練の描写になります。

TVアニメ版でトウジに殴られた際に発言していた「エヴァに乗りたく乗っているわけじゃない」という台詞が、アパートでのミサトに対しての発言になっています。さらに「要は、敵に勝てばいいんでしょ?」との強気発言まで飛び出します。

しつこいトウジ

学校の屋上でボーっと遠くを眺めていたシンジの元へ、またトウジ(&ケンスケ)が現れます。とにかく自分に絡みたくて仕方がないトウジに対して「今度は腕の1本や2本折るつもりで…いっそのことここから突き落としてもいい」などと、またしても強気発言をし挑発するシンジですが、そこへ綾波レイが現れNERVからの“非常召集”と伝えられます。

トウジ達に対して『お前なんか眼中にないよ』と言わんばかりに、シンジはレイの後を追って行きます。

TVアニメ版とほぼ同様に進んでいく第4使徒戦ですが、ミサトがトウジとケンスケをエントリープラグに乗せる指示をするのに対して、貞本エヴァではシンジの独断で2人を乗せるという描写に変わっています。この時ミサトがシンジに対して「勝手に民間人を乗せていいと思ってるの!?」と発言します(アニメでは、リツコがミサトへ対して)。この変更は、シンジのミサトへ対して“ダダをこねる”様子を強く見せるためと思われます。

この後、ミサトの指示を無視するも使徒に“運よく”勝ったシンジですが、「誰のためにこんなことしなきゃならないんだ」と心の中でつぶやくのでした。

シンジの涙…

シンジが家出をしてケンスケと語り合う部分、ネルフから存在を抹消され故郷へ帰ることになる部分など、基本的にはアニメ版と同様の展開です。ただ、シンジが第3新東京市に残る決意をした部分に関してあっけないアニメ版とは違い貞本エヴァでは、ミサトが「同情や仕事の上だけで他人と暮らせるほど物事を割り切れる人間ではないこと」を語る描写、それに対して、「昔(まえ)のところへ帰りたくない」とシンジが涙を流しながら答えるという描写があり、ずいぶんと掘り下げられています。

貞本版オリジナル度:35/100|TVアニメ版での対応話:第四話「雨、逃げ出した後」約5%/第五話「レイ、心のむこうに」約35%/第六話「決戦、第三新東京市」約60%

Volume2 目次
STAGE.13 白い傷跡
STAGE.14 歪んだ部屋
STAGE.15 紅い瞳の信じるものは
STAGE.16 棄てられた記憶
STAGE.17 決戦前夜
STAGE.18 血戦!
STAGE.19 闇の中の月

基本的にこの巻は、エヴァ零号機の過去の暴走、綾波レイと碇ゲンドウの関係へ疑問をもつシンジ、レイのお風呂上り全裸タイム、第5使徒襲来、ヤシマ作戦、レイの笑顔というTVアニメ版・新劇場版:序での展開とほぼ一緒となっています。

豆知識としては、TVアニメ版でお馴染みの「笑えばいいと思うよ」という台詞から、「普通は嬉しかったら笑うんだよ」に変更されています。なんかあっけないなと思ったその矢先、その先のページで、すばらしく可愛い笑顔をみせるレイの描写がなされています。正直もうしわけないなと思いますが、TVアニメ版のこのレイの笑顔シーンは残念な仕上がりとなっています。これが影響したのかわかりませんが、後の旧劇場版シト新生「DEATH」編(TVアニメの再編集)でレイの笑顔シーンが新しく差し替えられています。これは貞本エヴァのレイの笑顔からの逆輸入と聞いたことがあります。

エヴァンゲリオン公式サイト
ニュース

[シン・エヴァ最新情報をつぶやいています]

[EVA-STORE 最新グッズ]



Copyright(c) 2015 EVANGELION : LIKE Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system