巨人をかたどったような白線

知恵の実 ∞ 生命の実

初号機・ヴンダー・第13号機にも天使の輪

第1の使徒 ≒ 渚カヲル ≒ アダムス …か?

第13の使徒「最後のシ者:渚カヲル」リリン

エヴァンゲリオン零号機

エヴァンゲリオン初号機

エヴァンゲリオン2号機/β/γ

エヴァンゲリオン3号機

エヴァンゲリオン4号機

EVANGELION Mark.04

エヴァンゲリオン仮設5号機

EVANGELION Mark.06

エヴァンゲリオン8号機/α/β

EVANGELION Mark.09

エヴァンゲリオン第13号機

エヴァンゲリオン8+2号機

新劇場版/シン・エヴァに登場(予定)のエヴァンゲリオン

ヱヴァ新劇場版に登場した汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンの解説です。旧作の新世紀エヴァンゲリオンの時とカラーリングや形が変わっていたり、新しいエヴァが登場したりしています。

では、登場したエヴァの名称・使徒などとの戦闘経歴を書いていきましょう。

エヴァンゲリオン零号機

正 式 名 : 汎用ヒト型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン試作零号機

搭 乗 者 : 綾波レイ

戦歴 (序) : 第6の使徒

戦歴 (破) : 第8の使徒/第10の使徒

エヴァンゲリオン初号機

エヴァンゲリオン2号機/改2号機β/改2号機γ

エヴァンゲリオン3号機

エヴァンゲリオン4号機

EVANGELION Mark.04

搭 乗 者 : 不明

戦歴 (Q) : エヴァ改2号機/エヴァ8号機/ヴンダー

目的:封印中である初号機に近づく敵の排除/対ヴィレ兵器?

:Qで初登場。宇宙でのエヴァ初号機強奪の際、1つめのタイプ「コード4A」が複数出現。エヴァ改2号機・エヴァ8号機によって殲滅されるも、初号機が封印されていた柩から「コード4B」が出現。一時的に覚醒した初号機が柩内から放った光線のようなもので殲滅される。

シンジが目覚めてから間もなく「コード4C」が出現。この時、日向によって「ネーメズィスシリーズ」とも呼ばれている。初号機をメインエンジンとして稼働したヴンダーによって殲滅された。

:破で消滅したとされていたエヴァ4号機との関係は不明。

関連

EVA Mark.04 と 消滅したエヴァ4号機の関係

ネーメズィスシリーズとは、覚醒したシンジと初号機が創り出した存在か?

エヴァンゲリオン5号機

正 式 名 : 封印監視特化型限定兵器人造人間エヴァンゲリオン局地仕様 仮設5号機

搭 乗 者 : 真希波・マリ・イラストリアス

戦歴 (破) : 第3の使徒

目的:ベタニアベースに封印されていた第3の使徒の監視

:破のアバンタイトルで登場したエヴァ仮設5号機。正式名称は「封印監視特化型限定兵器 人造人間エヴァンゲリオン 局地仕様仮設5号機」。従来のエヴァとは大きく外見が異なり、脚部が4本で先端に車輪がついている。ベタニアベースに封印された第3の使徒との戦闘のみ対応のエヴァと思われ、施設内でパンタグラフの電力供給によって稼働していた。

ゲンドウの指示により、第3の使徒をエヴァ仮設5号機ごと自爆で殲滅し、ベタニアベースで行われる予定であった「マルドゥック計画」が頓挫。計画の内容は不明だが、第3の使徒にエントリープラグソケットが存在したり、人類補完の扉を開く神と魂を紡ぐ道標である「ネブカドネザルの鍵」を加持が持ち帰るなど、ベタニアベースが重要な施設であったことは間違いない。

関連

マルドゥク神=エヴァンゲリオン第13号機 ベタニアベースのマルドゥク計画との関係は?

冬月とゲンドウの会話で「5号機以降の建造の予定はなかったはず」と言われていることから仮設5号機は重要な機体であり、実はEVANGELION Mark.05だったというような可能性も十分ありえる。

EVANGELION Mark.06

正 式 名 : EVANGELION Mark.06

搭 乗 者 : 渚カヲル

戦歴 (破) : なし

戦歴 (Q) : なし

目的:エヴァ初号機の覚醒およびニアサード停止/ドグマでのリリスとの融合とサードインパクト?

:序で初登場。本編では月面で建造が開始されている描写、次回予告「:破」では月より飛来している描写がある。

:破で、宇宙へMark.06建造現場を視察しにきているゲンドウと冬月が、「従来のエヴァとは建造方法が違う」旨の発言をしている。エンディング終了後、渚カヲルがパイロットとして搭乗し、次回予告通り月より飛来。疑似シン化(第一覚醒)形態となったエヴァ初号機をカシウスの槍で貫き、起きかけていたサードインパクトを止めた。

:Qで、リリス(の躯)に融合している描写あり。この時、Mark.06が自身もろともリリスを槍で貫いている状態で停止していた(もう1本はリリスのみを貫いている)。エヴァ第13号機によってこの2本の槍が抜かれた瞬間リリスは破裂、融合が解除。残ったMark.06の機体底部に天使の輪のようなものが出現。この直後Mark.09によって首が切り取られ、その瞬間に第12の使徒が体内から出現した。

ドグマを爆心地とするサードインパクトのトリガーが、Mark.06とリリスによるものである可能性が高い。

カヲルによると、リリン(人類)によって自律型に改良されたらしいが、どの時期の話なのかは不明。しかし、空白の14年と言われている次回予告「:Q」で「ドグマへと投下されるMark.06」の描写が描かれていることと、なおかつ14年の間リリスの結界により誰もドグマへ入れなかったことを考えると、月から地球へ降り立って初号機の覚醒を止めてから間もなくである可能性が高い。

エヴァンゲリオン8号機α/8号機β

EVANGELION Mark.09

正 式 名 : EVANGELION Mark.09

搭 乗 者 : アヤナミレイ(仮称)

戦歴 (Q) : エヴァ改2号機/エヴァ8号機

目的:エヴァ第13号機の援護/ヴンダーのメインコンピュータ侵入

:Qで初登場。外見がエヴァ零号機に似ている。

ヴンダーへ取り付きシンジを奪取後、エヴァ8号機が攻撃をしかけ頭が吹き飛ばされるも何事もなかったかのようにネルフへ向かって飛んでいった。この際、マリが「やっぱしアダムスの器か?」と発言。

フォースインパクト中、リツコが「アダムスの器 ヴンダー本来の主」と発言し、出現した真の頭がヴンダーの操縦席の格納されている外装と酷似していた。「全身がコア」。天使の輪が出現している。AR台本では覚醒していることが判明。

一部の玩具にて、「第1のアダムスの器」と説明されている。

エヴァンゲリオン第13号機

エヴァンゲリオン8+2号機

正 式 名 :不明(エヴァンゲリオン8+2号機 )

搭 乗 者 : 不明

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||に登場することが予告されている、名前の通り2号機と8号機を半分ずつくっつけたデザインのエヴァ。設定はあったもののTVアニメ版/貞本版/新劇場版など今までのエヴァ作品に未登場の幻の武器「マゴロクソード(正式名称ではない)」を装備し、大量のEVA-Mark.06に似たエヴァと戦っているシーンがヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのシン・エヴァ次回予告で映し出された。

ただし、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版が金曜ロードSHOWで放送された際にはこの次回予告はまったく放送されておらず、本当にシン・エヴァで登場するのかは不明。

エヴァンゲリオン公式サイト
ニュース

[シン・エヴァ最新情報をつぶやいています]

[EVA-STORE 最新グッズ]



Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system