「:破」の別の可能性(パラレル)? エヴァ4号機、本来のパイロットはマリだった?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 考察

セカンド・インパクト

アダムス(ADAMS/光の4体の巨人)

バチカン条約は~インパクト対策か?

ネブカドネザルの鍵

マルドゥック計画

すべての始まり、セカンドインパクト

A.T.フィールド/アンチA.T.フィールド

第13号機・Mark系など登場EVA

「:破」の別の可能性(パラレル)? エヴァ4号機、本来のパイロットはマリだった?

エヴァンゲリオン4号機がもし”消滅していなかったら”、新劇場版の世界は一体どうなっていたのでしょうか?

新世紀エヴァンゲリオンTVアニメ版、貞本版エヴァ、新劇場版…数あるエヴァ世界ですが、そのどれもが「エヴァ4号機の消滅」という運命からは逃れることが出来ませんでした。

旧世紀版(TVアニメ版、貞本エヴァ)ではS2機関の搭載実験中に謎の消滅、そして新劇場版(:破)では「次世代型開発データ収得が目的の実験機」だったものの謎の消滅…という運命を辿っており、エヴァ4号機は幻のエヴァンゲリオンという印象を残しています。

この幻のエヴァ4号機ですが、もし消滅していなければ実は大活躍していた可能性があります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新たなアトラクションとしてエヴァンゲリオンの新設定が登場しました。なんと、”エヴァ4号機にマリが搭乗し第10の使徒と戦闘を繰り広げる”というもの。しかも、エヴァ4号機は今までフィギュアやリボルテックなどで再現されていたどのタイプとも違う”新装備”の設定。

以下が、公開された動画で登場したエヴァ4号機です

両腕に新型武器、背中に蝙蝠(コウモリ)をイメージしたような大きな翼、体の細部の赤いラインなどのデザイン。今までに世に出ていた4号機フィギュアとはだいぶ違う印象になっています。

この新型装備を施したエヴァ4号機に真希波・マリ・イラストリアスが乗り込み、最強の拒絶タイプである第10の使徒と戦う…そんなストーリーが展開されるようです。

USJアトラクションとしての特別なストーリーだから何でもありと割り切ってしまえばそれまでですが、ただ、本当にそれだけで思考を止めてしまってもいいのでしょうか?

2015年2月頃に日本アニメ(-ター)見本市で公開されたアナザーエヴァンゲリオンで登場した「エヴァ無号機」ですが、これも本編とは関係のないものとされていますが、設定資料で無号機を”エヴァ013号機”とメモしてあったり、:破で登場したベタニアベースでの音楽が使われていたりと、まったくの無関係とは思えない設定が多々あります。

本編とは関係ないと言いつつも、少なくとも”もしこうだったら…”というif設定を想像しながら製作されている可能性は十分にあり、それはある意味”パラレルワールド”と言ってもいいのではないかと個人的に思います。それを踏まえて考察していきたいと思います。

まず、ヱヴァ新劇場版:破を振り返ってみましょう。

マリは、そもそもエヴァ何号機の搭乗を想定されたパイロットだったのか?

エヴァ仮設5号機、エヴァ2号機と、「:破」ではこの2機に搭乗したマリですが、よく考えてみると、どちらとも本来乗るべきエヴァではないように見えます。エヴァ3号機に関しても、葛城ミサトがテストパイロットをギリギリまで考えていたことからも分かるように、これもマリ搭乗は想定されていません。「:Q」でピンク色にカラーリングされたエヴァ8号機が登場し、ようやくこれがマリ専用のエヴァという認識が出来たようなものです。

この”違和感”は:破~:Q公開の時点でもすでに感じてはいましたが、「まぁマリはそういう立場のキャラクターなのかな」程度のものでした。が、それが今回のUSJの新設定によってある仮説が思い浮かびました。

実は、本来はマリはエヴァ4号機に乗ることが想定されていたのではないか?というもの

もしエヴァ4号機が消滅せずに:破のストーリーが展開されていった場合、第10の使徒襲来時に残っているエヴァは零号機・4号機(初号機は3号機事故の関係で凍結、2号機は3号機到着時点で封印されている)で、レイ&零号機とマリ&4号機で第10の使徒との戦闘を繰り広げる…という展開が想像できます。

エヴァ4号機は次世代型で稼働時間問題がクリアされている可能性もあり、それは旧で言えばS2機関がすでに搭載されているエヴァということになります。元の流れ通り零号機がやられてしまえば、最後はマリ&4号機VS第10の使徒という状況が生まれます。

マリ&エヴァ4号機は、TVアニメ版/貞本エヴァの世界でも想定されていた可能性

以前、”マリは全てのエヴァ世界(TVアニメ版、貞本エヴァ、新劇場版、ANIMA)に存在する?”というような考察をしました。これは貞本エヴァ最終巻EXTRA STAGE「夏色のエデン」でマリがユイと同世代として存在していた(ゲスト出演の可能性もあり)ことが理由です。これにより、マリがTVアニメ版に”存在だけはしていたが登場していないだけ”という可能性も生まれました。そうなると、結果、マリはすべてのエヴァ世界に存在するということになります。

ここにUSJの新設定を付け加えると、実は新世紀エヴァンゲリオンTVアニメ版&貞本版でもエヴァ4号機にはマリ搭乗が想定されていたが、結果的に消滅してしまったため幻となった…と考えることができます。

関連

第13号機・Mark系などのエヴァンゲリオン

エヴァの呪縛/マリは、全エヴァ世界( TV版 / ANIMA / 貞本 / 新劇)に存在?

エヴァ無号機は、 別世界のエヴァ第13号機か?

エヴァンゲリオン公式サイト
ニュース

[シン・エヴァ最新情報をつぶやいています]

[EVA-STORE 最新グッズ]



Copyright(c) 2015 EVANGELION : LIKE Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system